マカの栽培地

栄養豊富な健康食品のマカは一体どこで栽培されているのでしょう。
こんなすばらしい食品を作っているのはどこなのかマカの栽培地が大変気になります。

その栽培地は、広範囲ではありません。
世界各地に栽培地があるわけではなく、
ペルーのアンデス山脈の海抜4000m以上の高地にあります。http://www.gogomagazine.com/
このアンデス山脈では、硬度が高いの薄い空気と、寒暖の差が20℃を超えるという過酷な環境です。

基本的な年間平均気温は7℃以下なのです。
夜は-10℃以下となりますので、人間にとっても非常に過酷な環境となります。
この厳しい環境で育ってきたから、とても栄養素が豊富です。

強風や日照りや気温が低いときには凍結もあります。
これは通常の野菜などではとても耐える事のできない環境です。
これがマカのパワーの源なのでしょう。

マカの生まれる栽培地は、ボンボン高原です。
あの日本を代表する山の富士山よりも標高が高いのです。
富士山は3776mですので、これよりもはるかに遠いということになります。
このごく限られた場所でつくられているので、大変貴重なものといえます。

誰もが手に入れる事が出来るわけではありません。
栄養分が極めて豊富であることから、一度栽培してしまうと、
しばらくは同じ畑で、マカを栽培する事が出来ないのです。

アジアを代表する健康食品として高麗人参がありますが、これと似ていますね。
土の中の養分をほとんど吸い尽くしてしまうので、こういった事が起こり得るのです。

だから、体力が弱いすぐに体力減退してしまい、風邪を引きやすい方や夜の布団に入っても
なかなか眠れない寝つきの悪い人には効果が高いのです。
睡眠するにも体力が必要なのでこれをカバーすることができるというわけです。

古代インカ帝国の時代から使われている理由もなんとなくわかります。
古代人が証明してくれているということです。

だから、このマカの良さを理解して、ぜひ健康になって、
いろいろな人が、笑顔になっていくことを望みたいものです。