マカの摂取量

大変素晴らしい効果、効能のあるマカですが、一体どの程度摂取するのが良いのでしょう。
マカの摂取量はどのくらいか、それは諸説ございます。

ある研究結果から
それは一日あたり、1500mgという人もいますし、
6000mgがいいとおススメする人もいます。

ある冷え症の人は、2000mg飲んで、1年続けて、症状が改善したという人もいます。
別の冷え症の人は1300mgを続けて飲んで、6カ月で症状が改善したという人もいるのです。

だから、この量が完全にその人には適切ですよ、この量なら本当に大丈夫です。
実際には、摂取量は、決まっていないと言えるのかもしれません。
サプリメントで摂取している人もいますし、そうでない人もいます。

実は、原産地のペルーの地元の人は30gぐらい摂取している場合もあります。
それらの量が多すぎるかどうかは、分析されていませんが、比較的現地の人は、
マカの影響なのか、長寿であるといわれているのです。

現地の人にはそれが合うのか、日本人にはそれが合わないのかも分かりません。
このマカ自体が、基本的に副作用がないとされていますので、
比較的6000mgを超える摂取量でも問題ないとされているのです。

結局どの程度の量でもダメでもないし、絶対の正解でもないと言えるのでしょう。
マカを購入する費用も考えないといけませんので、ある程度、経済的に問題ない範囲内で、
毎日続けていくようにすればいいのではないでしょうか。

薬品ではないので、継続することが、大事ということです。
1日や1週間で、効果が現れるものではありませんから。
短期的に多くの量を摂取するよりは、適切な量を長期間にわたって飲んでみてはいかがでしょうか。

たくさんの量を一度に飲んで、三日坊主で終わるよりは、
続けていくことの方が価値があるということです。
マカを続けて健康になりましょう。

摂取量は、個人個人によって、適切な量が異なるという結論ですが、
短期で効果が出ないからといって、摂取量を増やしていくよりは継続していくことを強調して訴えたいです。
マカとホルモンバランスは密接な関係にあります。
過剰摂取はやめましょう。
気になるマカの種類についても参考に是非ご覧ください。